Top > 口臭予防 > 歯や口腔内の病気と口臭の関係

トゥース

歯や口腔内の病気と口臭の関係

口臭は、歯や口腔内の病気が原因であることが多く、歯の健康状態と密接な関係にあります。とくに歯周病や歯周炎、歯槽膿漏など、歯茎の病気にかかっていると、やはり口臭もひどくなります。ですから口臭予防を行うと言うことは、虫歯を含め歯の病気や口腔内のあらゆる病気を予防することであると言えます。

では何故口臭が起きるのでしょう。

口臭の臭いの原因は何か?
それは、口の中に残っている食べ物の残りカスやタンパク質の成分と、口の中で増殖する細菌とが結びつき腐敗したものの臭い、つまり腐敗臭によるもの、あるいは、唾液の分泌活動が弱まっている起床時や食後から3時間たった頃など、口の中が乾燥することによっておこる生理的口臭が主なものであると考えられています。

口臭を予防するには、“正しい歯のケア”をかかさず行いましょう。

“正しい歯のケア”とは“正しい歯磨き”をすることです。「毎日、十分近く磨いているから大丈夫。」と、安心してはいけません。その歯磨き方法が間違っていたならば、磨き残しは意外とあるものなのです。

昔からよく言われている歯磨きの方法に、縦磨き法や横磨き法があります。さらに最近では、研究が進み、スクラッピング法やローリング法、バス法といったさまざまな方法があみだされています。これらはどれか一種類の方法で磨くというよりも、自分の歯の形状や歯並びに合わせて、何種類かの方法を組み合わせ磨くのが良いでしょう。

もちろん、歯科医など専門家による指導を受けることも大切なことです。虫歯になってから慌てて歯科医院へ行くのではなく、日頃から歯の健康について意識を持ち、定期的に歯科医院へ行き予防につとめることが理想的です。そして、歯の健康に対し詰めを誤らないことが大切です。

歯の健康を保つためには、通常の歯磨きだけでは不十分と言えます。人の歯並びや歯、歯茎の形状というのは、それぞれ違っています。ですから歯と歯の詰まり具合や開き具合というのも人それぞれであり、その隙間が広ければ広いほど、細菌が蓄積しやすく、虫歯にもなりやすいとされています。その問題を解決してくれる器具が、歯間ブラシ(デンタルフロス)と呼ばれるものであり、最近ではこの使い方の指導をしている歯科医院も増えてきました。

歯科医院だけでなく、薬局などでも市販されておりますので、手軽に購入することができます。歯間ブラシ(デンタルフロス)は、口臭をチェックする道具の一つとしても使えますので、是非一度試してみてください。この機会に口臭の悩みから解放されるよう、がんばりましょう。

口臭予防

現代病でしょうか?口臭を気にする人が、ここ最近増加傾向にあります。それに伴い、様々な企業から次々と口臭対策グッズが売り出されています。その反面、日頃から行っている口内のお手入れ方法が間違っていて、状態を悪化させるケースも発生しているようです。口臭をなくすためには、日頃どんな口臭ケアが最適なのでしょうか?
関連エントリー
舌をケアして口臭予防をしよう!あなたも口臭検査をしてみませんか?タバコは歯周病と口臭の原因寝起きの際に気になる口臭正しい口内ケアで口臭をなくす虫歯による口臭を防ごう!口臭とは人が臭いと感じる臭い気になる口臭を消すには舌の汚れも落とすこと正しいブラッシングは口臭の抑制や改善に効果的口の臭いを防いでくれるサプリメントで口臭予防を!口臭測定機で口臭をはかってみよう!口臭が発生する可能性がある病気猫にも口臭があるんですよ!気になる赤ちゃんの口臭口臭を防止するにはプラークの除去と細菌を繁殖させない胃が原因で口臭はおきるのか?ペットの犬の口臭と便の臭さ口の中が汚れが原因の口臭口臭を自分でチェックしてみましょう!口臭予防に効果がある「緑茶」と「梅干」簡易型口臭チェッカーの必要性口臭外来で行われている診断方法および治療の方法子供の口臭が気になる歯や口腔内の病気と口臭の関係“口臭専門”の外来があります口臭の原因リスト その③口臭の原因リスト その②口臭の原因リスト その①口臭予防バスターズ人気No.1口臭予防グッズはこれ口臭とエチケットについて考える
口臭予防
リンクについて
口臭ケア
トゥース
FX業者のスペック