Top > 口臭予防 > 胃が原因で口臭はおきるのか?

トゥース

胃が原因で口臭はおきるのか?

<胃が悪いと口が臭くなるの?ということについて>
これはよく聞く話ではありますが、胃の内容物が、口臭の原因になることは、様々な局面から見ても考えられません。

まず第一に口臭とは、口呼吸をする時に発せられるものです。その際、人体の構造上、口と胃をつなぐルートは閉鎖されており、口は気管とのみつながっています。ですから、胃の匂いが直接口まで上がってきて口臭となることは考えられません。

私たちは会話をするとき、口で呼吸をしています。したがって、会話をしている時に口臭を発生しやすいということが言えます。それ以外で、口呼吸をしていて口臭が発生やすい場面として考えられることは、無意識に口呼吸をしている時でしょう。

口臭とは、基本的に口の中から発せられるものです。口腔内のガスに、肺でガス交換され生成された臭気(=呼気ガスと言います)が加わり、口臭として発生します。

では食事に起因する口臭についてですが、例えば臭いの強いニンニクを食べたとします。ニンニクに含まれる臭いの物質は、血液中に入り込み、肺でガス交換されて、呼気として発せられます。それは次に血液から唾液へ溶けこみ、口臭として発生します。ですから、胃から直接発生しているものではありません。このように食事に起因するものの場合、臭いの物質は、唾液だけでなく汗やおしっこにも含まれていきます。

さらに付け加えると、食事した後、胃の中というのは、1時間も経過すれば消化され、空っぽになります。胃の中に、いつまでも食べた物が残っているわけではありません。

ただ、よく噛まないで食べ物を飲み込むくせのある人や慌てて食べる癖がある人というのは、食べ物を飲み込むと同時に大量の空気を一緒に飲みこんでいることがあります。そういう人は、胃の蠕動運動に伴い、ゲップとして胃からガスが発せられる事がありますが、これは口臭とは全く別のものになります。

一般的に『犬食い』と言って、「クチャクチャ」と音を立てながら、口を閉じずに食べる人にゲップをする人が多いと言われています。このタイプの人は、食後に口臭を感じる事が多いようです。改善策としては、口の中にいれる食事の量を少なめにし、口を閉じてよく咀嚼する(20回程度を目安に)とよいでしょう。

口臭予防

現代病でしょうか?口臭を気にする人が、ここ最近増加傾向にあります。それに伴い、様々な企業から次々と口臭対策グッズが売り出されています。その反面、日頃から行っている口内のお手入れ方法が間違っていて、状態を悪化させるケースも発生しているようです。口臭をなくすためには、日頃どんな口臭ケアが最適なのでしょうか?
関連エントリー
舌をケアして口臭予防をしよう!あなたも口臭検査をしてみませんか?タバコは歯周病と口臭の原因寝起きの際に気になる口臭正しい口内ケアで口臭をなくす虫歯による口臭を防ごう!口臭とは人が臭いと感じる臭い気になる口臭を消すには舌の汚れも落とすこと正しいブラッシングは口臭の抑制や改善に効果的口の臭いを防いでくれるサプリメントで口臭予防を!口臭測定機で口臭をはかってみよう!口臭が発生する可能性がある病気猫にも口臭があるんですよ!気になる赤ちゃんの口臭口臭を防止するにはプラークの除去と細菌を繁殖させない胃が原因で口臭はおきるのか?ペットの犬の口臭と便の臭さ口の中が汚れが原因の口臭口臭を自分でチェックしてみましょう!口臭予防に効果がある「緑茶」と「梅干」簡易型口臭チェッカーの必要性口臭外来で行われている診断方法および治療の方法子供の口臭が気になる歯や口腔内の病気と口臭の関係“口臭専門”の外来があります口臭の原因リスト その③口臭の原因リスト その②口臭の原因リスト その①口臭予防バスターズ人気No.1口臭予防グッズはこれ口臭とエチケットについて考える
口臭予防
リンクについて
口臭ケア
トゥース
FX業者のスペック