Top > 口臭予防 > 口臭が発生する可能性がある病気

トゥース

口臭が発生する可能性がある病気

口臭が発生する可能性がある病気をいくつかご紹介します。

① 胃腸病
胃や腸の病気、例えば胃潰瘍や胃炎、十二指腸潰瘍にかかると消化不良を起こし、きちんと消化できなくなります。そうすると食べたものが胃腸で停滞し、異常発酵を起こしてしまいます。そこで発生した臭い物質は、腸管から吸収され血液に入り、さらに肺から排泄されることになります。そして卵の腐ったような臭いの口臭となります。

また腸の働きが低下して細菌バランスが崩れた場合には、悪玉菌が増殖し、臭い物質を発生させることもあります。

② 肝機能の衰え
肝臓が正常に働いていると、臭い物質は分解されますが、慢性肝炎などで肝臓の働きが低下した場合には、臭い物質は分解されないまま血液中に混じり、ネズミ臭と言われるような口臭になります。その際、口の中が苦くなるといった特徴があります。さらに重症になると、カビの臭いや腐卵臭とニンニクが混じったような口臭になります。

③ 糖尿病
糖尿病になると唾液の分泌量が減少しますので、口の中が乾くようになります。そうすると口内は雑菌が発生しやすい環境になり、雑菌が増殖すると口臭が発生します。

また、糖尿病になると、インシュリンが不足しますので糖の分解が進まなくなります。そうなるとその代わりに体脂肪を分解して、エネルギーを生成しようと働きます。その際に、ケント体という強い臭いのある成分が発生します。それが血液から肺へとうつり、そして口臭として発生します。 この場合の口臭は、甘酸っぱい臭いがします。

④ 空気の通り道におこった炎症
気管支炎や肺炎などの呼吸器系の病気、あるいはアレルギー性鼻炎や蓄膿症などの鼻や喉の病気にかかると、肺や気管支、鼻、喉の粘膜が炎症をおこし、皮膚組織がただれたり、化膿したりします。そうするとその部分に菌が増殖し、生ぐさい臭いや肉が腐敗したような臭いの口臭が発生します。

口臭予防

現代病でしょうか?口臭を気にする人が、ここ最近増加傾向にあります。それに伴い、様々な企業から次々と口臭対策グッズが売り出されています。その反面、日頃から行っている口内のお手入れ方法が間違っていて、状態を悪化させるケースも発生しているようです。口臭をなくすためには、日頃どんな口臭ケアが最適なのでしょうか?
関連エントリー
舌をケアして口臭予防をしよう!あなたも口臭検査をしてみませんか?タバコは歯周病と口臭の原因寝起きの際に気になる口臭正しい口内ケアで口臭をなくす虫歯による口臭を防ごう!口臭とは人が臭いと感じる臭い気になる口臭を消すには舌の汚れも落とすこと正しいブラッシングは口臭の抑制や改善に効果的口の臭いを防いでくれるサプリメントで口臭予防を!口臭測定機で口臭をはかってみよう!口臭が発生する可能性がある病気猫にも口臭があるんですよ!気になる赤ちゃんの口臭口臭を防止するにはプラークの除去と細菌を繁殖させない胃が原因で口臭はおきるのか?ペットの犬の口臭と便の臭さ口の中が汚れが原因の口臭口臭を自分でチェックしてみましょう!口臭予防に効果がある「緑茶」と「梅干」簡易型口臭チェッカーの必要性口臭外来で行われている診断方法および治療の方法子供の口臭が気になる歯や口腔内の病気と口臭の関係“口臭専門”の外来があります口臭の原因リスト その③口臭の原因リスト その②口臭の原因リスト その①口臭予防バスターズ人気No.1口臭予防グッズはこれ口臭とエチケットについて考える
口臭予防
リンクについて
口臭ケア
トゥース
FX業者のスペック